ONE HUNDRED
MEMORIEs

百人の百年の思い出

No.040

ニコラ・フォルミケッティ

ファッションデザイナー

ニコラ・フォルミケッティ

レディー・ガガを初めて原宿に連れてきたとき、いつもはクレイジーに見られる彼女のファッションが全く違和感なく受け入れられたことを覚えています。世界で唯一、彼女が普通に歩ける街。彼女にとってだけでなく、多くの人にとって、原宿は世界で唯一の「自分になれる場所」だと思います。

静岡で生まれ12歳からはロンドンやイタリアを拠点に暮らしていますが、15歳のときに「MILK」創設者の大川ひとみさんに原宿の面白さを紹介していただいてから、僕の役割は「原宿の魅力を世界に届けること」になりました。今日まで様々なブランドにクリエイティブディレクターとして携わってきましたが、ずっとその想いは変わりません。

コロナの影響で1年間ロサンゼルスにいますが、通常であれば2〜3ヶ月に1度は日本を訪れていて、その度にまずは朝の明治神宮で参拝しています。トラディショナルな神社、トレンドが集まるビル、カルチャーを持つストリート。これらが混ざりながら見事に調和しエネルギーを放つ奇跡の街に、これからもパワーをもらい続けたいと思います。